蜂蜜と玉葱、そしてコックテイル

いい日も悪い日もいろんなことのいろいろが楽しくて好きで

ふと気づけばアッバーセイヤ

アッバーセイヤって何だろうか?

 

地理的にはおそらくダウンタウンの東?ラムセス広場とニューカイロの手前までの間を言うのだろうか?

 

それにしてもよくこの地名を耳にする気がする。

 

それもそのはず、メトロの駅でいえば一番新しい3番線のAbbasia駅を筆頭にAbdou Pasha, El Geishもアッバーセイヤだし、1番線のGhamra駅―はよくわからないがその次にくるDemerdash, Manshiet el Sadr, Kobri el Kobbaはアッバーセイヤに入ると思う。

 

さてアッバーセイヤには何があるか?

El Geish, Abdou Pashaの両駅は大通りの両端にあり、ふたつの駅の間は歩いてもそんなにかからない。中国人が多く、なんともシャービー(庶民的)な通りに目を凝らして歩くと小さな中華料理屋にちょくちょくお目にかかれる。

 

この辺は案外アズハル公園、アズハル大学が近い。

ここの中華料理店を営む側にも通う側にも中国人のイスラーム教徒がかなりいる。

安い値段で大皿をシェアするのが楽しく、お茶はたいてい無料で備え付けられていて(砂糖が入っていたりほぼ出がらしの薄いものだったりするが)、ムスリムが営んでいるゆえに気兼ねなく友人を誘っていけるのが嬉しい。

 

ふとした縁で中国人と結婚あるいは婚約している友人が増えた。そのうちの一人の新居がこの辺りにあって、アパートの5階から望む夜でもひっきりなしに車が走る道路と工場(だと私には思える)、そしてライトアップされたシタデルのある夜景がとても美しい。朝にはギザのピラミッドが見えることもあるという。

 

その他の「アッバーセイヤ」はアインシャムス大学のキャンパスだとか、イヤホンやスマホケースなどが並ぶお店のある通り、あとは野菜売りがいて野良犬がいて、ニーハオニーハオと野次るクソガキやクソシャバーブ(若者)やクソ駅員がいて、、、昨年12月の爆発事件でちょっと有名になってしまったかもしれないけど、とにかく私の知るアッバーセイヤってそんなところだ。

 

「行こう」とはっきり目指して赴くことなんかほとんどないのになぜか気づいたらアッバーセイヤにいる。車窓から眺めている。また来ている。

 

きっと他にも知らないところが、ほかの地区にも増してある予感がする。