蜂蜜と玉葱、そしてコックテイル

いい日も悪い日もいろんなことのいろいろが楽しくて好きで

念願のバルーン劇場

※趣味の話です。記録です。

 

ついに来ましたアグーザのバルーン劇場!エジプト国立民俗舞踊団レダ舞踊団の公演!!

 

開演は夜9時半、チケットは40ギニー。

赤い幕の立派なホールなのにあんまり人がいない…でもすでに開幕前から感動で若干涙目になる私。

 

開演前にプログラムの説明があり、超がんばって聞き取りました。モアシャハットはモアシャハットって言うんじゃなくて曲名が読まれるのね。

 

久々にオケピから聞こえる生の管楽器の音にドキドキした。拍手で迎えられるマエストロ・ヘシャム。編成はタブラとかミズマールとかキーボードとか弦楽器の他にドラムセットとかクラリネット、フルート、トランペット、トロンボーンなどなど。この辺の楽器が入ったバンドの生演奏でフォークロア見るの初めて。

 

一曲目はたぶん?ベドウィン

かわいい…かわいい…

女性陣の衣装がかわいい。男性陣の勢い好き。

 

二曲目は女性3人のバラディーみたいな。

赤い衣装かわいい…靴はヒールのあるパンプスみたいなのだった。指揮者のタブラへの指示の出し方面白い。指揮棒はなし。

 

三曲目にイスカンダラーニ

本当に男性ダンサーたちがかっこよすぎてどうにかしてほしい。みんなイケメンに見える。絵本に出て来るアリババの盗賊みたいな格好でナイフも持ってた。かけあいが好き。ジャンプとかかっこいい。途中から女性ダンサーが登場してきてまたかけあい。赤いミラーヤドレスとミラーヤかわいい。うまくいえないけど日本で売られてるのよりディテールが凝ってる。さすが

 

そしてレイラトワール。

客席にえらい感動屋の変わったおじいちゃんがいたらしく、前奏が始まった時に立ち上がって拍手していた。お姫様綺麗。ティアラしてた。ターンのたびに揺れるスカートと袖が美しい。ソリスト様って感じ。

お姫様が上品なドレスだったから他の女性陣が金のヘアネットに黄緑の上着、黄色のズボンというビタミンカラーでちょっとびっくりした。みんな口ずさみながら踊ってる、名曲だあと思ってたらまさかの歌手登場。顔見知りのお姉さんたちを見つけて嬉しかった。

 

そしてタンヌーラ。なんとなく一息つく感じ。光るタイプのタンヌーラ。

 

次はサイーディー。私にとっては「あの」サイーディー。ターコイズブルーで真ん中と袖にカラフルなウロコスパンコールが入ったドレスがかわいすぎた。ソリストはピンク。なぜか1人だけ付け三つ編みがなかった。最初は女性陣で、次にダブルアサヤで男性陣に入れ替わって、フィナーレはみんな一緒。4拍子なんだけどすごくゆっくりな部分、指揮者の方はよく見るとおおーきく4つで振ってるんだけど手首のスナップでタブラのリズムを決めてておおーってなった。いいなあって気持ちが1番強かった演目。私も二本のアサヤをかいくぐるようにして男女ペアで踊ってみたい。気づいたら一本手渡されてたい。終盤はオケピの中が大盛り上がりでした。

 

休憩を挟んでファッラーヒ。これもまた衣装がかわいいー!ファッラーヒのゆったりしたパジャマみたいなカラフルプリントドレス、部屋着に一枚欲しいっていつも思う。ありがちな乙女たちとちょっかい出しに来た男どものじゃれあい小芝居。女の子たちの水瓶を弄んだり床に置いてその上を飛び込んで遊ぶ男たち。まさかのハーフパンツ。農民の踊りなんですね毛があってもいいんです。たぶん。スリッパタイプの靴だったけどよく脱げないなあ。ちょっと男子やめてよーな女子。杖振り回して若者を叱りに来るおじさん。舞台に出て来て一目でこいつオモシロ役だって思わせる人ってすごいなあ。

 

続いてイスカンダラーニ?っていうのか?これも衣装がフレア膝上丈ワンピですっごい可愛かった。ヘッドセットもよい。色合いもどことなくアメリカンレトロなキュートさ。メインの娘役が顔に被るミラーヤと薄くて軽そうだったけど一応ミラーヤレフなんだろうなっていうのを持ってた。これも小芝居。途中レフを投げ捨て靴を脱ぎ飛ばして本気モードになるメイン様。お相手はジュース売り。脇役の娘3人組もすごい可愛い。

 

そして謎の(?)おじさん歌謡タイムに突入。歌うおじさんとそこに合いの手を入れたり肩組んで揺れたりするおじさんたち。格好はちょっとタンヌーラの人みたいなズボンと長いガラベーヤみたいな上衣と赤いバケツの形した帽子。なんだろう、ああいう吟じあげる感じの歌への共感の仕方とか合いの手っていうのはたぶん私は一生「習得」なんてできないんだろうなあ。母語とか文化とか、言ってしまえばそう言えるんだろうけどもっと曖昧で深いところにある何かの共有がそこにあるんだろうなあ。

 

歌手が退場した後おじさんたちは(そんなおじさんでもないんだろうけど)手拍子と掛け声を始めておっこれは…?ハッガーラ!生演奏のハッガーラすごく楽しかった。ステージに男性11人がいる中女性ソリストが1人で合流。素敵!本当にソリスト様方は素敵。

 

続いて名曲名演目、ガリーブエッダール。これを生演奏かつ生歌とか死んでしまいます。感動。

 

からのまた茶色いガラベーヤきた男性ダンサーたちがアサヤもって出てきてサイーディー。ソリストだけ黒の衣装。ばちんばちんアサヤを打ち付けあって迫力抜群。キックというかステップがかっこいい。身軽かつ力強く地面を踏む感じ。

 

次の曲名がたぶんコロンバ?かな、ひよこぴよぴよみたいな感じの曲(歌詞でなく曲調が)。これもプリントワンピース。ただし袖なし。可愛い。元々可愛いって言葉があんまり好きではないんだけど、嫌味なく素直に可愛い。ジャンルでいうとなんなんだろ。

 

フィナーレはヌビアン!見ていて1番楽しい!これも歌手つき。手繋いで入れ替わり立ち替わり出て来る演出が大好き。ヌビアン楽しいなあ本当に。

 

以上。オケピからタブラのおじちゃんとドラムセットのおじちゃんが見えたけど、ちょいちょい曲間にスマホいじったり電話出たりしてたな。

 

2時間ちょいだったけど、本当に夢みたいな時間でした。

f:id:rikampom:20170828075535j:image