蜂蜜と玉葱、そしてコックテイル

いい日も悪い日もいろんなことのいろいろが楽しくて好きで

赤ちゃんが生まれたら(youm el sobo3)

今日の授業は口語エジプトアラビア語教本Kallimni 'Arabi Mazbootよりyoum el sobo3 (sobo'a? アラビア語をアルファベットで転写するやつよくわかってない)を題材にしたテキストをやりました。

カタカナにするとソボーア?スブーア?かな?ググっても個人のブログみたいなのしか出てこなくていまいち日本語でどう説明されてるのかわからない…

 

まあとりあえずsobo3で出てくるねえ。

7年前のペプシのCМ発見。該当する場面は冒頭しか出てこないけど。

www.youtube.com

 

一言でいうと赤ちゃんが生まれて7日目にするお祝いのこと。

 

誕生7日目ってだいぶ大変だ。

 

テキストの内容は出産を2週間後に控えた妊婦さんが赤ちゃんの名前はカリームにしたの!ところでyoum el sobo3には何を準備すればいいんだっけ?一緒に考えてくれない?と相談している会話。

 

 

さてさてそれによると準備すべきものは

・ふるい(あるいはざる?)

・ホーン という金属でできたすりばち&すりこぎみたいなもの。ほとんどが銅製だけどお金持ちだと金(エジプト人金好きだな)の場合もあるとの先生談。

・砂糖菓子

ナツメヤシ

・ろうそく

・赤ちゃん用のドレス 色は白!お宮参りみたいでわくわくする

・お香?香炉?とにかくいい匂いするやつ。bokhor。

穀物等七種 ひよこ豆、ソラマメ、トウモロコシ、コメ、フェヌグリーク、小麦 そして塩

そしてお客さんの招待。親族や友達も。

 

当日は何をするかと言うと、

ホーンでカラカラと音を鳴らし

ドレスを着た赤ちゃんをふるいに乗せてころころして(動画の出だしにあるやつ)

ろうそくを持った子どもたちがsobo3のお祝いの歌を歌いながら赤ちゃんの寝かされているテーブルを回り

お菓子と肉が乗ったごはんをいただき

お母さんはmoghaatと呼ばれるナッツとバターとかが入った滋養のある飲み物を飲み

おむつケーキや包んだお金といったお祝いを渡し(日本とまんま同じだ)

音楽とザカリート(女性がお祝い事とかであげる甲高いはやし声みたいなの)ガンガンでパーティーするらしいです。

 

生まれて7日でエジプト式パーティーの主役を張るんだからエジプト人に育つわけですね。

 

あとは

・お母さんが赤ちゃんの上を7回またぐ

・赤ちゃんを抱いたお母さんが階段を上り下りしているところに祖母や友人など信頼できる人々が前述の7種類の穀物を投げる

といった儀式があるそう。

 

先生曰く7という数字はエジプト人にとって重要らしく、また穀物7種類のうち塩は邪悪なものを追い払う、お香をたくのも邪視を避ける意味があるようで日本と似ているなあと思いました。

またホーンを鳴らすのは赤ちゃんの耳がよく聞こえるようにという願い、ろうそくには赤ちゃんがこの世界を照らすようにという願いが込められているとか。

 

日本には生まれたての赤ちゃんにどういうイベントをするの?と聞かれたのでお宮参りとお食い初めの話をググった画像を見せながらしたのですが、

 

最近のお食い初めの膳ってなんかめっちゃスタイリッシュなんですね。すっげえインスタ映えしそうじゃん。べ○ッセとか。

 

…先生が赤ちゃん服コーナーとかついつい見ちゃう気持ちわかるよって言ってくれる人でほんとよかった。「大人と同じものを食べる」という動詞も習いました。

 

エジプトでも地面に崩れんばかりにぐずる1歳くらいの子を持ち上げるようにして引きずりながら早歩きするお母さんとか、片手にお買い物袋もう一方で子どもの腕がっちり押さえたいかにも男の子のお母さんだなって感じのお母さんとか、まあ寝ちゃった女の子とかわいらしい小さなかばんを肩にひっかけてるお父さんとかマイクロバスでずっと子どもにちゅっちゅしてるお父さんもいるんですけど、ヒジャーブの肩のあたりに赤ちゃんのよだれが染みになってるお母さんとかたくさんいます。

 

 

あー私も帰国したら赤ちゃんが待ってるんだー

何買って帰ろうかな。男の子は初めてだからわかんないけどその分楽しいな。

 

エジプトの警察官のなりきり衣装みたいなの見つけたんですけどこっちで警察って印象悪い気がするのでそんなの着せられないと思ってやめました。