蜂蜜と玉葱、そしてコックテイル

いい日も悪い日もいろんなことのいろいろが楽しくて好きで

怖いものの話

もうすでに七月も後半戦ということもかなり恐ろしいですけど。

 

今月頭はアレキサンドリアとハルガダ、地中海と紅海というふたつの海を堪能する機会に恵まれました。

 

避暑地に行って極楽気分を味わってきたせいか、カイロは暑くて暑くてしょうがない…

40度を超えるか超えないかの日々が続きます。ここ数日はさらに湿度も加わって気力も蒸発します。

 

ハルガダといえばちょうど私が旅行から帰ってきた週の14日に事件がありましたね…何とも。

 

CNN.co.jp : エジプトで観光客襲撃、2人死亡 紅海沿岸リゾート

 

 

 

話は変わって語学学校のメイン担当の先生が変わりました。

この先生は前にも記事にしたけれど、思慮深くて聞き上手な反面自分もものすごくしゃべるしゃべる。

 

そして質問がすごく抽象的で規模が大きい。「あなたの人生で一番○○だった行動は何?」レベルのことをタイマンで聞かれると言葉に詰まります。

 

 

「怖いものは何?」は即答えられました。

 

エジプトの野良犬をとても怖がっています。

 

一度小走りでそばを通り抜けたら怒らせてしまったのか吠えられたくらいで、特に危害を加えられたことはないのですがすごく怖いです。

今まで犬は普通にかわいいと思っていたし、むしろチワワみたいなほそっこいのより大型犬のほうが好きだと思ってたんですけど。

 

道で出会うとあちらの凝視しながら慎重に避けて歩くので、よく通りすがりの人から「何?犬怖いの?」と野次られます。

 

知人のエジプト人男性にこのことを言ったら「犬は人間を怖がるじゃん。子どものころは犬を見たらわあーっと追っかけたり石投げたり殴ったり(※エジプト人、けっこう動物にむごい扱いをする人は多い。動物園でも石とか食べ物とか投げつけたりする)したよね、小さいころは動物も人間と同じように感じるってわかってなかったからね(この人はかなり善良な方(笑)そもそも「人間も動物」という考え方は仏教的なのかもしれない)。」

 

怖がっている具体的な理由としては、かまれたら狂犬病で死ぬかもしれないということはもちろん、体もかなり大きいし、夜道だと急に飛び出てくるし、たまに群れになってケンカとかしてるし、変な話野良犬だから避妊手術とかしてないのであふれ出る野生の獣みがすごい、といったところです。