蜂蜜と玉葱、そしてコックテイル

いい日も悪い日もいろんなことのいろいろが楽しくて好きで

◯◯殺しの物語

 

ここ数日とても怒っています。

 

焼身自殺という社会に対して苛烈に訴えかけるやり方がありますが

 

今マッチでもなんでも少し擦ったらこの感情がたちまち炎となって身体全体が燃え上がるのではないか

 

そんな怒りです。

 

何に怒っているかといえば、きっかけはネット上の性格診断なんですけど、

 

私は、常に、

 

自由でありたい

 

せめて頭の中の世界では何にも囚われない者でありたい

 

そんな風に強く願っているのですが

ともすると自身についた枷を誇っているような自分が見えて嫌になります。

 

 

特に腹が立つのはジェンダー関係のことで

性別なんて関係なく強く剥き出しで生きていきたいと思うのに

 

一方で男性に対しては受け身でいたい、選ばれ愛されたい、献身的であるべきというような気持ちが心の土台の部分を占めていて、それを女性だから美徳と誇っているようなところがあります

 

そういう思想自体に罪はないはずなのに、私は強く自由でありたいと標榜しながらジェンダーに支配されているかもしれないことに気がつく度怒りがぼこぼこ湧く

 

 

こんなの誰のせいと特定して気が済むでもなく

女性であることを嫌悪したこともないけれど

 

まるっこく柔らかい身体

趣味

音楽や色や服の好み

実際に似合う装い

早く走れないこと

力が強くないこと

スポーツも好んできたわけではないこと

 

どれを取ってもジェンダーに規定されたごとく体をなしていて

 

なぜこうなのかと

実は私はずっと縛られてきたのではないかという、一触即発爆発しそうな思いを感じざるを得ない

 

中性的な女性に対して強い憧れと共にコンプレックスを感じていることを白状しなければ

 

学生時代に近い関係にいた人が聞けばうなずくだろうことが恥ずかしくてたまらない

 

 

そんなことを言ってしまえば、私が今好きでいるベリーダンスというのもこの怒りに矛盾する趣味であるかのように思える

 

ベリーダンスは女性でいることを謳歌する踊りとかなんとかいいますけど

性を厳格に定義づける文化の中で女性の踊りとして受け継がれてきて、その中で私的な夫婦の時間の一部としての役割も持ってきた、と理解してるので

特にベリーダンス自体が動物の求愛行動よろしく普遍的な女性性に企投されているわけではないと思うんですよね

 

 

 

「少年漫画は父殺しの物語である」

という言葉があるけれど、この根深い束縛感と矛盾を長い時間をかけてどうにか寛解しなければならないと感じています。

 

主人公になりたいのならば。

 

 

Google Time b2a!!!!

 

全然更新してなかった

 

グーグルで画像漁るタイムなう

 

f:id:rikampom:20180504000302p:imagef:id:rikampom:20180504000311p:imagef:id:rikampom:20180504000305p:imagef:id:rikampom:20180504000308p:imagef:id:rikampom:20180504000335p:image

 

昔のミラーヤレフ着た女性の写真いいよね

 

私が持ってるような舞台用のキラキラスパンコールが付いたやつは先生に「あれ服とかに引っかかって舞台で事故るので私は使いません」と言われたのですけど

 

私だってこういうシンプルなやつ欲しいっす

 

できればも少し大判のやつ

 

 

ググってたらイスカンダラーニドレスとか女性ものの民族衣装を着ていたコメディ俳優の記事が出てきた

https://www.alwatanvoice.com/arabic/content/print/579405.html

 

膝下丈ミラーヤレフはいいぞっ

 

 

いつだって、そしてきっと私が去った後も

 

カイロ周辺シリーズの続きを下書きに保存したままあれ?もう12月中盤になっちゃう?

 

なんで帰国まであと2週間もないの?

何したっけ?

あと何しなきゃいけないんだっけ?

帰る時はどうする?

アラビア語も忘れちゃうんだろうな

帰ったら何しなきゃいけないんだっけ?

というか今のうちに誰々に会わなきゃ

 

などなど考えてしまい最近あまり眠れません。

 

これまで学んできたこともきっちりまとめてから帰りたいのに

授業の後もなんだかんだ人に会うために出かけたりして次の日の準備もままならなかったり

 

まだ10日以上あるんだししっかり足元見ていかなきゃと思いつつ

朝家を出てはしごにはしごを重ねて帰ったら寝るだけな感じ、留学前の日本での生活リズムに近づいてきていて

本当に帰るんだなって文字通り肌で感じています

 

何につけても「最後の」「最後かもしれない」が頭に浮かぶようになったけど

 

いつだってDar el Salaam駅からEl Zahraa駅までの夜の景色が一番綺麗だ

 

きっとそれは私が帰ってからも変わらない光景なんだろうなって思うメトロの車内です。

 

 

最近思ったのは、生活って尊いなってことです。

命の価値とか人間の価値とか、そういうことを考えてても考えてなくても、生活や日常っていうのは変わらず厳然として営まれていて、決して全く同じものが繰り返されるわけではないけど、その生活や日常を内外から揺るがそうものならその人自身は大きく変わってしまうだろう

 

そう考えると自由や愛を求める意味とか、芸術の価値とか、もっと個人的なことに寄せて考えると将来の仕事のこととか色々見えてくるような気がしています。

 

 

ナセルシティの休日

 

ナセルシティは遠い。

 

そしてアッバーセイヤと同じくどこからどこまでがナセルシティなのかいまいち分からない。

 

ナセルシティに行くにはメトロでラムセス広場に行って、「ルッソル(ルクソール)、アレックス(アレキサンドリア)」の長距離バスの客引きや靴下イヤホンおもちゃ肌着などなどと言った露天商、見るからに設備が心配になる献血車の脇をすり抜け、人の流れに逆らい、車の列が途切れてくれそうなところを見計らってこれまた人が大勢集まっているところに行って一緒にバスを待たねばならない。

 

私がバスでナセルシティに用事があるのは大抵シティースターズに行く時か、ザハラーという住宅街の友人宅を訪ねるときだ。

 

家から下手したら3時間かかる。

 

とてもタクシーを呼べる距離でもなく、何しろメトロがまだ通ってないのでバスに乗るしかない。

 

人と車と建物が密集する中をのろのろ動くバスにそんな長時間乗っていると自然服は汗に濡れて肌にはりつき、頭はぼんやりし、音楽を聴いていても耳とイヤホンの隙間に入り込んでくる騒音や叫び声、鼻から入り込む排気ガス、健康な気持ちになれるはずもなく。

 

それでも運転手に降りる場所を確認しつつ、時には軽口を叩きながら乗るバスは楽しい。

 

今しかできないってこういうことだとがまんしつつ、なんとかかんとかやり過ごす。

 

ふと気づけばアッバーセイヤ

アッバーセイヤって何だろうか?

 

地理的にはおそらくダウンタウンの東?ラムセス広場とニューカイロの手前までの間を言うのだろうか?

 

それにしてもよくこの地名を耳にする気がする。

 

それもそのはず、メトロの駅でいえば一番新しい3番線のAbbasia駅を筆頭にAbdou Pasha, El Geishもアッバーセイヤだし、1番線のGhamra駅―はよくわからないがその次にくるDemerdash, Manshiet el Sadr, Kobri el Kobbaはアッバーセイヤに入ると思う。

 

さてアッバーセイヤには何があるか?

El Geish, Abdou Pashaの両駅は大通りの両端にあり、ふたつの駅の間は歩いてもそんなにかからない。中国人が多く、なんともシャービー(庶民的)な通りに目を凝らして歩くと小さな中華料理屋にちょくちょくお目にかかれる。

 

この辺は案外アズハル公園、アズハル大学が近い。

ここの中華料理店を営む側にも通う側にも中国人のイスラーム教徒がかなりいる。

安い値段で大皿をシェアするのが楽しく、お茶はたいてい無料で備え付けられていて(砂糖が入っていたりほぼ出がらしの薄いものだったりするが)、ムスリムが営んでいるゆえに気兼ねなく友人を誘っていけるのが嬉しい。

 

ふとした縁で中国人と結婚あるいは婚約している友人が増えた。そのうちの一人の新居がこの辺りにあって、アパートの5階から望む夜でもひっきりなしに車が走る道路と工場(だと私には思える)、そしてライトアップされたシタデルのある夜景がとても美しい。朝にはギザのピラミッドが見えることもあるという。

 

その他の「アッバーセイヤ」はアインシャムス大学のキャンパスだとか、イヤホンやスマホケースなどが並ぶお店のある通り、あとは野菜売りがいて野良犬がいて、ニーハオニーハオと野次るクソガキやクソシャバーブ(若者)やクソ駅員がいて、、、昨年12月の爆発事件でちょっと有名になってしまったかもしれないけど、とにかく私の知るアッバーセイヤってそんなところだ。

 

「行こう」とはっきり目指して赴くことなんかほとんどないのになぜか気づいたらアッバーセイヤにいる。車窓から眺めている。また来ている。

 

きっと他にも知らないところが、ほかの地区にも増してある予感がする。

 

 

 

 

 

 

 

オールドカイロの午下り

 

3月に来たばかりの頃、暑くならないうちにどこか観光しなくちゃ、でもまだピラミッドや県外は怖い、でも勇気を出して少し足を伸ばしてみたいと思って行ったのがオールドカイロだった。あれからもう季節が半周してしまった。

 

タハリール広場にあるサッダート駅からメトロで4駅、マルギルギス駅を降りるとすぐに大きな聖ゲレオギウス教会と対面する。

 

他の観光地と比べて人は少ないが、駅前からしばらく小さな土産物屋が軒を連ねており、欧米系と思われる観光客がいつ来てもちらほらといる。

 

駅の近くの地下通路を通って出ると古い白い石造りの壁に囲まれたコプト正教会シナゴーグ(ユダヤ教の会堂)を回ることができる。

歴史を感じさせる、厳かながらも明るい雰囲気もさることながらトイレも無料のくせに比較的綺麗でとてもよい。コプト博物館も展示品が多いだけでなく建物の外観、内装まで凝っていて予想よりも満喫できる。エルサレムからエジプト各地にあるコプト正教会を線でつないだ図を見て、なるほどエルサレムとエジプトは思っていた以上に近いもんだな、などと思う。

 

近くのスーク・フスタートには可愛いハンドメイドの雑貨のお店が集まっていてこれも見ていて楽しい。

 

テロの影響で周辺にも各入り口にもセキュリティチェック(念入りなとはとても言えない)が置かれている。

 

白い壁に囲まれ、いつもより遠くにアザーンを聞いていると忘れそうになるが、教会群を通り越しこれまた立派なアムル・イブン・アル=アース モスクを通り過ぎるとそこはサイイダ・アーイシャ(ゴミ多し建物ボロしのカイロの典型的な庶民的地区として必ず名前が上がる)のお隣、焼き物屋が目立つかなりシャービー(庶民的、俗っぽい、みたいな意味)な地区である。

 

そこらじゅうゴミだらけで、住む人もお上品とか教養があるとかいう言葉とは程遠いが、どっしりと何世代も人々を育んできたことを感じさせる住宅街と野菜が都心よりも心なしかぴかぴかしていて生きた鳥やウサギがひしめいているスークのある街並みは歩いていて不思議なほど気持ちがよい。

 

今日はナッツの量り売りとジェラート屋を兼ねているお店で何種類も味見させてもらってから案外他では見かけない桃のアイスを選んで歩きながら食べた。

店主のおじさんはお代はいらないよ、と言ってくれたがそこはちゃんと払わせてもらった。

 

午下り、白い塀のある町は太陽を反射してとても暑くなる。きっと遥か昔からそうなんだろう。

El Fan

最近シェヘラザード様が大好きになった。

 

https://instagram.com/p/BavD_mZnuUC/